CONTACT
古紙・廃プラ回収の
ご依頼はこちらから
RPF製造・販売
(廃プラスチック回収・買取)
BUSINESS
エコ燃料「RPF」の製造・販売会社として
廃プラスチックと古紙を回収
処分コストがかかり、社会的にも問題となっている廃プラスチック。松崎商事では、ペットボトルをはじめ、フィルムや包装容器などの廃プラスチックを回収し、エコ燃料「RPF」へと再生しています。環境への取り組みとしてだけではなく、新たな事業モデルとしてご提案しています。
- RPFとは? -
化石燃料の代替燃料として注目される「RPF」
RPFとは、廃プラスチックや古紙を原料に製造される高カロリーなリサイクル固形燃料です。
石炭やコークスなど化石燃料の代替として、現在、多くの産業で導入されています。
  • - POINT.01 -

    低コスト
    一定量あたりの熱量が石炭と比べて高く、コストが石炭の1/4〜1/3。不純物が少ないため、石炭に比べて灰処理などのコストも抑えられることが特長です。
  • - POINT.02 -

    高カロリー
    化石燃料と同程度の5,000kcal〜9,000kcalの熱量を持ち、原料の混合比を調整することで熱量のコントロールができます。
  • - POINT.03 -

    貯蔵・輸送しやすい
    形状がコンパクトで、オイルコークスや微粉炭と同程度に扱いやすく、貯蔵・輸送に優れている燃料です。
  • - POINT.04 -

    環境にやさしい
    不純物が少ないため、塩素ガスやダイオキシンがほとんど発生しません。排ガス処理や灰処理もしやすく、CO2削減にも寄与できます。
- RPF製造に特化 -
RPF製造施設を保有、年間1万5,000tを製造しています
岸和田S・R事業所では、廃プラスチックや古紙などを原料に年間1万5,000tのRPFを製造。
従来では、処理が困難とされてきた樹脂類(PVCを除く)も粉砕できるシステムを備え、効率的な製造を実現しています。
排水処理の必要がなく、環境にも配慮した設備として整備されています。
  • PE・PP等単一素材の廃プラスチック類
    利益に!
    買取
  • 紙との張り合わせや複合素材の廃プラスチック類
    コスト削減!
    処分受付
「買取」または「処分受付」の対象となる廃プラスチック類は、塩素含有の有無や状態・形状等で異なります。
詳しくはお問い合わせください。
- 製造の流れ -
回収から製品出荷まで 〜RPF製造の流れ〜
STEP.01
ご契約

RPF回収・製造に関わる産業廃棄物取扱いのご契約を締結

STEP.02
原料回収
RPFの原料
【1.古紙類】
特殊紙(ラミネート紙・加工紙)、粘着テープ(ラベル・ステッカー)、ロール状・平判損紙(切り落とし・フィルム)
【2.廃プラスチック】
PVCを除く熱可塑性樹脂(PE・PP・PS・PET・PCなど)、ポリウレタン
STEP.03
RPF製造
RPFの原料
原料投入
粉砕機で処理
成形機でご要望に
応じた大きさへ
製品ヤードで保管
STEP.04
納品
ご使用例
・ボイラー燃料(化石燃料の代替)
・製鉄原材料(コークスの代替)
・キルン焼成用燃料(化石燃料の代替)
・溶鋼用鎮静剤(転炉湯面の鎮静)
廃プラスチック・古紙の買取・回収 / RPF導入のお見積り・お問い合わせは…